スキンケア覚書

自分のメモ用に書く。ちなみに私は
・脂性肌(この時期朝起きると鼻が使い込まれた中華鍋みたいに脂でてらてらしている)
・10代の時にきびが酷く、未だに痕が残っている
・こすりすぎで鼻と頬が赤い
・アレルギーはなし

以上、長くなるのでまとめる。

続きを読む

tw

台湾を探している。
風が生ぬるく雨が降った日のコンクリートタイルの匂い。ドンキで100円で売っていたナノックスの偽物で洗ったバスタオル。頂好や全家の電子發票そのQRコード、購物明細。パスポートのスタンプ欄まで開いて見ている。家での会話に普通話が混じる。地上波の旅行番組も見ていたが最近は香港に流れがちで違うものを求めて見ている。
非アジア圏から日本に求められているごった煮て返す感じはもうはるかに台湾や中国の都市部の方がそれらしくて、居住者の伝統に対する教養もGDPもない今、もう残っているのは複雑で定刻通りの鉄道網とある種の清潔さしかない。戦後の復興の終了と同時に死んでいく国に生まれたと感じている。自分の頭と気前の良さを育てていかないと満足に生き残れない。
旅行で行った場所を好きになるのは旅行で行ったからで、実際の生活は湿気りかけた火薬を箱にぎゅう詰めしているようなものであると頭では考えている。だからこそ年に1週間くらいはまやかしを見せてくれたって構わないじゃないか、こっち来た時はコーヒーくらい奢るからさあ、花の香りのする白茶を飲ませてくれ

都会は嫌いではないし、台北と香港は本当に気に入ったが、東京は広すぎて東京自身もそれを持て余していてあまり好きになれない。広すぎるせいかJRの在来線ごとに文化があるというらしいが、その在来線だって千葉や埼玉まで一息に繋がっていてどんどん拡散していってまとまりがない。主要駅と主要駅の間の低層居住棟群など建物の密度を高くしただけの田舎以外の何であるというのか。

台湾を探している。
前回は去年の7月頭に台北と高雄に行った。北回帰線以南は空気が別物で、肺に吸い込むのがやっとだった。蓮の花は全て枯れていて、漆喰のような材質の龍と虎が色鮮やかにこちらの頭上を睥睨し、湖よりも圧の高い空が容赦なく肌を焼く。十分前後不覚に陥り新光三越をさまよい歩いた後炭酸ジュースを高鐡の駅で吹きこぼした。寄ってきたすずめが全て逃げたのを覚えている。行こうとしていた都市は雨に飲まれていたのを車窓から確認し少し眠りにつくと板橋についていたのでまた強烈な前後不覚に陥る。それから10ヶ月が経とうとしている日本の北のほうで、バスタオルの匂いを嗅ぎながらその時の1000000分の1のスケールで前後不覚になっている。十分なほどのドラッグである。

おそらくまた台湾に行くだろう。真摯に甘いオレンジの輪切りのドライフルーツを買って帰るだろう。少しずつ依存するものが多くなっていくのを自覚して帰りの飛行機の中で省みるだろう。醜い自己弁護しかできないことを嘆いて、その後は綺麗に忘れていよう。生きるのをやめるのはいつでもできるが、やっぱりちょっと難しい。

コーピング

Nスぺを見て。番組に出てた臨床心理士の方いわく100個目標ですが書けるだけ書きます。

続きを読む

日記

性懲りもなく新しいノートを買った。自分で自由にできるお金を手にしてからというもの、使い手がなくても文房具が欲しくなる性分に困っている。
随分前にTwitterかどこかで見た、薄いクリーム色の紙に判子で日付を押して1日1枚日記代わりの絵を描いて写真で上げているのが無性に羨ましく、それから1日1枚で使ってちょうどよいノートを探していた。今日無印良品で買った文庫版のノートは日記として使うつもりだ。そもそも日記というものを続けられた試しはなく、中学の時、帰りの会で書く時間が設けられていた一言ノート程度でも毎日書いていたかどうかは怪しい。だがそんな文章でも数年後に母親に読み返されて「面白い」と言われたのだから、些細な事でも書き留められたら後の自分にとってよい暇つぶしになるかもしれない。

フラワーカンパニーの深夜高速という曲をつい40分前まで聞いたことがなかった。聞いたことがあっても曲名と結びついていなかっただろうし、ここでのネタにしようと先ほど聞いたが全く覚えのない曲だった。無理に曲名に合わせて喩えるなら、バイクか何かで1人で夜の東名あたりを走っているような曲だった。ネクスコになってからSAにしょうもない施設ばかり増えたが、それよりかはずっと昔にできたこの曲は雰囲気に意外と合っているのかもしれない。この曲は何から逃げたいのだろうか。
午前3時の東北道は意識を覚醒ではない状態に押し込めようとする暗闇が迫って、対向車のハイビームが時折虚ろな視界を撃つ。自分の内の何かが何百メートル、何キロメートル後ろでひきずられるようにひたひたとついてくる。決してディストーションギターが似合うような空間ではなく、胃が空気で膨れるような気怠さが支配している。私が高速に乗るときは毎回、時間の流れから逃げていた。

最近これさえ聞いときゃおっけーになれるやつ

音楽なんてやりたくないなあがもっぱらの口癖です。ギター持つたび弾きたい曲なんか無いなあ……って思ってます。
まあそんなわけわかんない感情の時もあるよね、生き物なんだし。ふっと思い立った時に好きなフレーズが弾けたら十分です。そんなテクいの聞かないしね!


Tycho - See (Official Music Video)

ほんとはこれが入ってるAwakeってアルバムを頭から再生してほしいんですけど、強いて好きな曲を挙げるならばこれかな、と。
学校ある期間中はレポートやりながらこれ聞いて、Tychoさいこうやん……20代のうちには絶対ライブ見に行きたい…………最高すぎて言葉がない………………ってなってました。冗談抜きで頭の中で「最THE高」って文字列がぐるぐるしてました。
そんなことを思っていたら3月の18日だかにマイアミでTychoとAviciiが出るフェスがあるそうですね。Ultraなんちゃら。鼻血出るくらい行きたいけどCalvin HarrisのSummerのPVみたいな状況なんだろうなあ、と思うとひきこもりおうちライフやめられないですね!


Beirut: No No No | NPR MUSIC FRONT ROW

実質的な歌詞が3行しかないところ、ちゃらちゃら入るシンセのメロディー、優しい金管の音色。これ聞きながら青葉もゆる暖かな川べりなんかでうとうとしていたいです。NPR MUSICはほんといい仕事する……。Beirutはベースが結構骨太なところがたまらないです。どっしりとしたリズム隊だからこそ映える音楽ですからね。


Avicii - Can't Catch Me (Lyric Video)

you can't caaaaaatch meeeeeee
Aviciiの歌詞って私の絶妙な中二心を刺激してくるんですよ。EDM最高峰の耳に染み付くメロディーラインに負けない歌詞なんてそうそうあるものではないんですけど、どの曲も絶妙なラインの歌詞だと思います。負けてはないけど勝ってもいない。というかこの作品とあの作品を合わせてみました、って感じがする……独立ベクトル…………。


Death Cab For Cutie - The Sound of Settling (Official Video)

このPVのベンめっちゃ若い。というかBlack SunのPVのベンの髪型おかしくないですか?? 絶対この方が似合ってるよ???
Transalanticismは通して聞くべきアルバムなんです(おすすめの聞き方はバスかなんかで高速に乗って頭から再生して、たとえ寝落ちてもPassenger Seatまでには目覚めるやつです)が、重だるい印象の曲が多いこのアルバムで一番さわやかでかわいい曲です。PVもなんかかわいいしね。
デスキャブに関しては「デスキャブはいいぞ」しか言うことがないですね。邦楽のいわゆるロキノン系バンドが好きで洋楽も興味あるかもって人は聞いておいて間違いありません。


Banvox - Laser

banvox氏の曲聞くとしばらくそれ以外聞けなくなるからむしろ聞かないでおく、そんなくらい好きです。これは2011年の曲なんですけど変化の速いEDMの潮流の中でも全く古臭くなっていません。banvox以前と以後では少なくともEDMの進化のスピードは違ってくるはずと確信を持たせてくれるアーティストです。


【Tokyo 7th シスターズ】セブンスシスターズ 「SEVENTH HAVEN」MUSIC VIDEO

超かっこいいEDMです。iPhone買い換えたらダウンロードします……。

来世

生きるのがどうしようもなく嫌でうんざりしているから早く死にたいのに「生まれ変わる」なんて考え方を鼻先にぶら下げないでくれ 生はこの1回限りで十分だ

2015年ベストディスク

この時期になると数多の音楽雑誌やサイトやライターが今年のベストディスク50選!!とかやってて、ええなあと長年思ってたのでやります。ただね、ぼくが今年購入しかつ今年発売のCDって3枚しかないんですわ。しかもうち1枚は未聴、もう1枚は知り合いのバンドの自主製作盤(これも未聴)なんですわー。そらもうエセ関西弁にもなるってもんですよ。

というわけで、今年発売のある1枚のCDについて書きます。

Cosmo Sheldrake / Pelicans We

ペリカンズ・ウィーEP(完全生産限定盤)

ペリカンズ・ウィーEP(完全生産限定盤)

今年のくるり主催フェス京都音博で初来日したコスモ・シェルドレイクのミニアルバムの日本盤ですね。彼を知ったのはみんな大好きPublic Rhythmの記事だったかと思います。というかこのブログ探せば経緯書いていそう。まずアー写を見て、意識がひきつけられたんですよね。そのアー写がこちらです。

f:id:inabath:20151222134957j:plain

グーグル画像検索してトップの結果を貼りつけているのはご愛敬。この写真だったんです。諸事情でバンジョーの弦の数にうるさい人間になってしまったんですが、コスモが持っているのは5弦バンジョーですね。ケルト系音楽は4弦バンジョーというイメージが強かったので、地理的にケルト系音楽の影響下にあるであろうイギリスの人がアメリカのカントリーやブルーグラスで使用されている5弦バンジョーを抱えていること自体に興味をひかれました。他にもアコーディオンやらマンドリンやらリゾネーターギターやらトロンボーンやらあって1人でこれをどう扱うんや……と気になって、Pelicans We(曲名、本アルバム収録)のPV見たんですよね。あのブタペストの温泉で撮ったやつ。散々そこかしこにYoutubeのURL貼った気がするのでもう貼りませんが、PV見終わった後、

おまえその楽器どこやったん

ってなりました。言葉はめちゃくちゃ足りませんが断じて悪口ではありません。確かにアルバムPelicans Weでバンジョーが使われているのはThe Moss1曲のみですが、全ての曲においてインストゥルメンタル部分は様々な楽器やフィールドレコーディングで集められたサウンドが精巧な飴細工のように絡み合い組み立てられています。しかし、彼の持ち味は複数の楽器を操る能力があることではなく、ボーカルにあると言いたい。彼の真髄が詰まった動画を貼ります。


Cosmo Sheldrake - Barbara Allen

Barbara Allenという曲自体はスコットランド民謡で、これとはメロディーが全く違いますがアート・ガーファンクルもカバーしている歌です。主旋律を歌った直後にその下コーラスを歌ったりボイパ入れたり途中マイク外して歌ったり、それがもうかっこいいんですが、聞いてほしいのはループステーションから流れている彼の歌です。アカペラという形態をとらなければ通常はなにがしかの楽器が担当する部分です。その部分の展開の仕方が、楽器を使用している彼の他のオリジナルや民謡カバーと全く変わらないんですよね。音程が急落急昇しないどこまでも歌いやすいオケなんです。なのでヨーロッパ系の音楽で耳が育っていない人間にとっても懐かしく安心感があるように聴こえます。
また自分にとってポイントが高い点は、The Moss, Solarなど歌詞を詩人の作品から引用している曲が多いところです。風呂でライブもそうなんですけど、特に理由はなくいつかやりたいなと思っていたところを的確に押さえられたので一瞬ではまったのかもしれません。
このアルバムの中で一番好きな曲はRichです。メインメロディーはとてもキャッチ―でボーカリストの声も可愛いんですが、CD版PV版ライブ版でアレンジが一番変わる曲だと思います。CD版だとクラップの入り方が好きです。
すっごい個人的な話すると普段ライナーノーツが付いているようなCD買わないので比較はできませんが、日本盤ライナーノーツはとてもシンプルでいい文章だと思います。少なくともこの記事より分かりやすいですね……。

唯一聞いた今年発売のCDが大当たりでした、という話でした。